05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

菊川午前様2 

2006年06月27日(火)
今日はゴルフの反省会です。
登場人物については菊川午前様シリーズでご確認ください。

右腕「よお降ったなぁ〜」
象鼻「やっと晴れましたね」

たけ「ただいまぁ〜」

右腕「人呼んどって待たせちゃいけん」
たけ「ゴルフショップから電話があって…」
右腕「また、あの店長に騙されたんかいな」
たけ「秘密兵器買ってきた」
象鼻「角溝ウェッジとか…」
たけ「そんなんやない。ほら、これじゃ」

象鼻「おおっ、アディダスの…」
右腕「上履き入れかい」
たけ「ちゃう」
右腕「弁当箱入れ…」
象鼻「ひょっとしたら、めつち…」
たけ「そう、目土袋」
象鼻「………」

えらいっ

右腕「すくい打ち、しゃくりあげで、ターフも取れん男が、目土袋とは…」
たけ「…… 」
象鼻「でも、グリーン周りはしっかり…」
右腕「思い切りダフっとるだけじゃ」
たけ「…… 」


右腕「まあ、コーヒーでも入れてくれ」
たけ「うん… 」


象鼻「この袋が秘密兵器ですか…」
右腕「ええんじゃ、これで」
象鼻「はぁ」
右腕「コースを大切にすれば、コースに守られる」
象鼻「そんなもんですか」
右腕「自信ないけどな…」
象鼻「……」

コーヒーのいい香りがします。



右腕「このコーヒー、うまいのぉ」
たけ「挽きたてですから」

反省会は続いております。

たけ「アプローチの件ですが」
右腕「おっ、そうやった。鼻ちゃん、Taichiさんに聞いてくれたか」
象鼻「はい。アプローチも象の鼻でいいですかって、お聞きしました。えっと読みますね」


基本的には同じなのですが「象の鼻」とは腕を下半身で振るとか、慣性や遠心力に関係することなので、小さな動きになると感じにくくなることはあるかもしれません。
それを感じようとすると過剰な動きになるリスクもあるかもです。


右腕「なるほど…、あるかも…か」
たけ「打ち方も、教えていただきました」


アプローチ、ダフリ気味のようですね。
右手の角度を変えずに手元を左に振り抜くといいと思いますが・・・。
部屋の中で1〜2メートル程度の距離を打つ練習をするのも有効かと思います。
ソールを滑らす感覚が分かるとミスは減ると思います。


たけ「デカヘッドさんからも、教えていただきました」


アプも象の鼻さんのイメージでゆったりと、
右腕さんは角度をロックしていただけばいいかな。


象鼻「なるほど…」
たけ「やっぱり、ポイントは …」

右腕「ま、まてよ。俺が悪いのか」
象鼻「そうは言ってませんけど…」
たけ「あんまり動くなって…」
右腕「……… 」

右腕「そ、それよりも右膝じゃ」
象鼻「右膝ですか…」
右腕「俺よりも先に、前に出るんよ」
たけ「右膝ねぇ…」




右膝「呼んだぁ〜〜っ 」

たけ「だ、だれ…… 」
右腕「おじちゃんたちは大事な話しょうるけ表で遊んどき」
象鼻「右膝ちゃん、ごめんね」

右膝「はぁ〜〜い 」




たけ「い、今の子は…… 」
象鼻「まぁ、落ちついて…」
右腕「たけちゃん、コーヒーもう一杯」
たけ「は、はい」


右腕「ちょっと考えんといかんな」
象鼻「何をです」
右腕「このシリーズ、収拾がつかんことなるぞ」
象鼻「そうですねぇ」
右腕「このあたりで終わって、練習じゃ」
象鼻「がんばりましょう」
右腕「おっしゃ。 アイタタタ……」
象鼻「どうしました」
右腕「長いこと座っとると、腰や膝が……」




右膝「呼んだぁ〜〜っ 」

たけ「……… 」
象鼻「……… 」
右腕「………呼んでないって 」

Posted on 2006/06/29 Thu. 16:39 [edit]

category: 4パット日記

TB: --    CM: --

29

菊川午前様 

明日からは、雨続きの予報。
じゃぁ、その前に、ということで、
またまた菊川へ来てしまいました。

朝の8時にスタート。昼過ぎには会社に戻れます。
菊川早朝隊の皆さんほど、早くはありませんが、
一日潰さず、ゴルフができます。

お待ちかね、今日の対決は、
復調なった「右腕」と、人気急上昇「象の鼻」です。


右腕「おお、菊川は、ひさしぶりじゃ」
象鼻「先輩、お先にどうぞ」
右腕「いんにゃ、急に動かすといけん」
象鼻「ほんなら、私が…」

ぱきーん

右腕「ないす、ど真ん中じゃ」
象鼻「ども」
右腕「次は、俺にまかせ」

かちーん

象鼻「あっ、トップ」
右腕「ら、ランニングアプローチよ」
象鼻「しっ、失礼しました」
右腕「技は多彩じゃけぇ…」

そんなこんなで、和気藹々と前半が進みます。

グリーン周りのミスが多いものの、
ゲーリー隊長様から、教えて頂いたパットで、
3パットなしで、なんとか16パット。
私にしてみれば、上々の出来です。

OUT 42(16)

後半へつづく…


ちびん

右腕「あ〜っ、いけん」
象鼻「ちーぴん…… 」

菊川ラウンド、後半です。
10番 381ヤード パー4
「右腕」渾身のティーショットは、
大きく曲がって、左の林の中へ。

右腕「すまんのぉ」
象鼻「どんまいです」
右腕「ティーショットは、象さんにまかせる」
象鼻「ええっ、いいんですか」
右腕「どうも、切り返しで力が入る」
象鼻「じゃぁ、頑張ります」
右腕「おぅ、頼むで」
象鼻「二打目は、お願いします」
右腕「おぅ、まかせ」

10番をダブルボギーとしたものの、
絶妙のコンビで、そこから4連続パー。


15、16番は、グリーン周りのアプローチを
ダフって連続ボギー。
しかし、私にとっては最高のペースです。


たけ「すごいすごい、またベストかもしれん」
右腕「こらこら、途中でスコアを数えるな」
象鼻「そうですよ、一打に集中です」
たけ「……すんません」
右腕「たけが寄せをミスらんかったらもっと良かった」
象鼻「pocoさんの方が、よっぽど上手ですね」
たけ「…… 」

右腕「さあ、前があいた。鼻ちゃん一発ぶちかませ」
象鼻「は、鼻ちゃんですか…。そんなら…」

ぱきーーん

17番 510ヤード パー5
今日一番のショットです。
「象の鼻」は、鼻高々です。

びしっ

二打目を「右腕」が池の手前に刻みます。

池越えの80ヤードを「たけちゃん」が

だふっ

右腕「あちゃ〜〜」
象鼻「またですか…」

弱々しく上がったポールは、
左の土手に当たって、コロコロと池の中へ。

たけ「……… 」

6オン2パットの8。


最終18番のショートも、グリーン周りから、
2度もダフって、4オン1パットの5。

IN 45(16)


象鼻「お疲れ様でしたぁ」
右腕「ああ、鼻ちゃん、よう頑張ったな」
たけ「……みんなごめん 」
象鼻「たけさん…、ベストタイ、最高ですよ」
右腕「はよ、シャワー浴びといで、昼から仕事やろ」
たけ「……うん 」


右腕「どうも寄せがいかんな」
象鼻「そうですねぇ」
右腕「その象の鼻で、アプローチ出来んか」
象鼻「どうでしょう、今度Taichiさんに聞いときます」
右腕「ああ、頼むわ。今度二人でまわるか」
象鼻「ええっ、たけさん抜きでぇ」
右腕「おぉ、ベスト更新間違いなしじゃ」
象鼻「……… 」

Posted on 2006/06/22 Thu. 16:36 [edit]

category: 4パット日記

TB: --    CM: --

22

菊川 

「ナイス、オン」
「ども」

関門菊川ゴルフクラブ、7番ホールです。
ピンの下、8メートルに乗りました。

右腕療養中の身ではありますが、
この梅雨時期の晴れの天気と、
レディースデイ(昼食付き)に負けて、
妻と2サムでラウンドしております。


上りのパット、クセのあるベントグリーン、
ここまでタッチがつかめません。
強めに打たないと…

菊川早朝隊で有名になった、このコース。
プレーするのは、なんと18年ぶりになります。


打った後も、顔を残して…

カッーン

うん、強いかぁ。いや、行ってる。

しかも、この菊川コースは、
例のキラキラ奥様に指定された
勝負のゴルフコースなのです。
まさに、巌流島といったところか。
勝利のためにも、予習が必要です。


あぁぁぁ、入る、入る…

いけぇぇぇっ

カッコ〜ン

「は、はいったぁ〜」
「やったぁ〜〜」
「すご〜〜い」
「指さしよぉ」

胸を張って、相手を指さす妻。
呆然とうなだれる私。
これも予行演習なのか…。


晴天の関門菊川ゴルフクラブ。
妻にバーディで指差されたものの、
不思議に良いゴルフができてます。

右腕の故障のため、思うように動かず、
あまり力も入りません。
いつものようには振れませんので、
心がけたのは、ただひとつ。

「象の鼻」

いつも楽しみに拝見させていただいている
Taichiさんのプログで、教わったことです。

以前、20項目のチェックポイントメモで
多すぎると、お叱りを頂戴しましたので、
今回は、ただひとつ。

ひたすら、象の鼻のように振りました。

自分自身の感覚では、
力感もスピード感も、いままでの半分以下です。

「こんなんでええんか〜」と振ると、

「それでええんよ〜」と飛んでいきます。

なにかキツネに騙されてるような気分ですが、
220ヤードに立っている旗まで、飛んでます。
いままでのゴルフは、何だったのでしょう…。




さすがに6番の谷越では、
力が入り、谷底へOB。
17番でも、2打目をトップして池。

いつものように、寄せの大ダフリや
近距離から、3パットのミスも出ましたが、
あがってみれば、ベストスコアです。

OUT 42(18) IN 45(19)

Taichiさん、ありがとうございました。


でも、右腕が治ったら、
ゴルフも元に戻ってしまうのでしょうか…。

Posted on 2006/06/18 Sun. 16:33 [edit]

category: 4パット日記

TB: --    CM: --

18

挑戦状 

昨夜は、久しぶりに練習場へ。

全米女子プロを見て、夫婦共々、
何かを掴んだ気になっておりますが…

あれぇ〜

おかしいねぇ

ゴルフは、そんなに甘くはありません。

首をかしげながら打っていると、
前方の打席に、見覚えのある女性が…

以前のプログ「きらきら」に
登場してくださった、奥様です。


「こんばんは」
「あら、たけちゃん、調子はどう」
「コンペでOB連発しました」
「ちょっと打ってみてん」

ぺちっ ぺちょっ…

球は左右のネットに直撃します。

ふん 鼻で笑われた……

「今度、菊川でも行きましょうね」
「はい、お願いします」

キラキラ奥様は、自分の打席へ戻られます。


様子を窺っていた妻が、

「なんて」
「菊川でも行きましょうって」
「宇部や豐田湖じゃなくて」
「そう、菊川でもって言った」
「なめられたね」
「ああ、菊川で勝負って」
「ふぅん、負けられんねぇ」


練習に気合いが入ります。

ぱちっ ぺちっ…

日本代表の時間なので、ガラガラの練習場です。

ばちっ ばちっ…

球は左右のネットを超えていきます。


Posted on 2006/06/13 Tue. 16:31 [edit]

category: 4パット日記

TB: --    CM: --

13

こんぺ【課題山積】 

村さんとの、楽しいラウンドでしたが、
ゴルフは課題山積のようです。

特にティショットのOB5発は、
何とかしなければなりませんね。

秘密のメモを読み返しても、
ほとんど出来てないというか、
コースで思い出しもしませんでした。

このメモが、私にとって正しいかどうかは別にして、
今後のために、書き残しておきましょう。


できた  なんとか  できん


 左手一本で振る
 右グリップ親指人差し指をはずすつもりで
 右足前で打つ
 パタのフォローを大きく
 肩回転でスイング
 アウトに上げるつもりで
 コックは早めに
 そよ風スイング
 スタンス広めに
 右足体重ぎみ
 ボールの右端を見て
 アプは引っ張りグリップで
 がにまた
 上げようとしない
 右腕やわらかく
 ヘッドを感じながら
 すべてアプローチと思って
 あわてないで
 手首は柔らかに
 素振りは真剣に

Posted on 2006/06/10 Sat. 16:29 [edit]

category: 4パット日記

TB: --    CM: --

10

こんぺ【まわせ】 

前半は、ティーショットが散らばるも、
OBひとつ、バンカーからホームランひとつ、
芯はずしのパットに助けられ、
48(15)であがれました。

100切りを目指す、私にとっては、
満足なスコアです。
ここのところ、100どころか、
110を超えてましたので、
後半、締めていきたいところです。

村さんも、しっかり燃料(焼酎)を入れ、
後半に突入です。
私も、こっそりバックに忍ばせた、
21項目のメモを確認し、
いざ出陣…。

後半のアウトスタート。
パーで上がった、私から…。


ぺちん 

ふぁああ〜


なんと、後半4つもOBを打ってしまいました。
すべて山の向こうへ、
4Wにかえても、アイアンに持ち替えても…、
山の向こうへ消えていきます。

村さんは、4番を終わって、1アンダーです。
リズムを壊しては、申し訳ありません。
切れずに食らいついていきます。

最終ホール。
346ヤード、パー4。

見かねたのか、村さん。

「たけちゃん、まわせ」
「はぁ」
「まわせ」
「……」
「何も考えんで、肩まわせ」
「肩を…」
「思い切って、肩だけまわせ」
「はい」


ぱき〜ん


今日いちショットでした。
残り60ヤードを引っかけてしまいましたが、
なんとかボギー。

後で、村さんにお聞きすると、
後半は、特に肩が回らず、
腕で左に、引っ張っていたそうです。

48(15) 51(17) 99(32)

村さんのおかげで、半年ぶりに、
100が切れました。

コンペの方は、ダブルペリアで、
村さんが、2位。私は、10位でした。
飛び賞で、コース無料優待券をゲットしました。


後半、疲れが出たのか、燃料切れか、
村さんは、30台に一打足りませんでしたが、
素晴らしいゴルフを見せていただきました。


今日は、ありがとうございました。
リズムを壊してしまい、申し訳ありません。
ドライバー、練習しておきます。
あまり無理されませんように。


あ〜、よかった。  妻に勝てて

Posted on 2006/06/09 Fri. 16:28 [edit]

category: 4パット日記

TB: --    CM: --

09

こんぺ【パット】 

常に70台のゴルフをされていた、村さん。
このコンペに参加されている、ほとんどの方が、
村さんに、ゴルフを教わったそうです。

みんな「神様」と呼んでいたそうです。

手術をはさんで、50日のブランク。
パットとアプローチの感覚が、
まったく無くなったそうです。

大きなショットは、距離はともかく、
狙ったラインに飛ばしてきます。
ところが、アプローチが寄らず、
50センチのパットが入りません。

クロスハンドにされて、
かなり悩まれているようです。

ここのグリーンは、大きくて早め、
しかも、うねってます。

「たけちゃんは、パットがうまいのぉ」
「ははっ、今日はたまたまです」
「この下りの長いパット、よう寄せた」
「ありがとうございます」
「俺に教えてくれんか」
「ええっ、教えるやなんて… ふふっ 」

「この下り、芯をはずして、ようタッチを合わせたのぉ」
「しっ、芯をはずしてぇ… 」
「おお、シングルの技じゃ」
「……  ま、まぐれですけぇ」


私のバットは、芯で打っていないようです…


つづく…   かも



【追記】

私の記憶が確かなら、
今日、6月8日は、妻の誕生日。
何度目かは、記憶が確かではありませんが…

ともかく、誕生日おめでとう。


Posted on 2006/06/08 Thu. 16:26 [edit]

category: 4パット日記

TB: --    CM: --

08

こんぺ【メモ】 

明日は、村さんと一緒やけぇ、へたなゴルフは出来んねぇ」
「私は、知らん人ばっかりやけぇ緊張する」
「ちょっと、メモしとこう」
「何を」
「チェックポイント」

コンペの前夜は、そわそわしていけません。
明日のために、課題をメモしておきます。

カキ カキ カキ…

「いつまで、書いとんの」
「どんどん出てくる」
「…… 」

カキ カキ カキ カキ…

「できたぁ」
「何個あるん」
「え〜っと、20個」
「そんなに考えよったら、固まるよ」
「…… 」

「村さんから教わったことも書いときよ」
「ああ、そうやな」



「チェックポイントの21個目は…」


「なんも考えんで振れ」

Posted on 2006/06/08 Thu. 16:25 [edit]

category: 4パット日記

TB: --    CM: --

08

こんぺ【ばりばり】 

体中がバリバリいってます。
昨晩、練習場で気がついたら500発。
ちょっと堪えてます。

明日は、彦さん主催のコンペです。
昨日、組み合わせ表が届きました。

「おっ、一組目じゃ」
「私は?」
「二組目」
「見して」
「ほれ」
「知らん人ばっかり」
「一番目は緊張するのぉ」
「動画で撮っとこうか」
「だめ、金昆布さんのようには出来ん」
「あら…、これ…」
「なに」

「村さんじゃぁね」
「まさか…」
「ほら、○×▲□って」
「ほんとじゃ、僕と同組やん」
「もうゴルフできるんかねぇ」
「手術して一ヶ月とちょっとのはずやけど」
「よかったやない」
「こんなに、早く…」
「医者に、もう好きなことしなさいって…」
「まさか」


こんなに早く、村さんとご一緒出来るとは
思ってもみませんでしたので、
驚くやら、嬉しいやら。

以前、村さんに教わったことも、
まだ消化できてません。

トイレに行きたいのに、
迎えの車が来たような、
もどかしさです。

ともかくも、練習場へ…。


明日は、ゴルフを再開できた
村さんのお供をさせていただいて、
楽しくラウンドできればと願っています。

Posted on 2006/06/06 Tue. 16:22 [edit]

category: 4パット日記

TB: --    CM: --

06

そよ風 

スイングの形は、なかなか変わりませんね。

思い切って変えたつもりでも、映像で見ると…

はぁりゃりゃ、何も変わってないやん…

こんなことの繰り返しです。

形がダメなら、リズムを変えようと考えます。
まず、自分のリズムを冷静に分析すると…

「イチ、ニィ、おりゃぁ ぺちっ」

いけません、おりゃぁは、削除ですよね。


こんなゴルファーにとって、
ゴルフジャーナリストのTaichiさんのプログは、
とても参考になります。

「ポールを叩いてはいけない」で、
教えていただいた、そよ風ショット。

先日コースで、チャレンジ。
こんなんで飛ぶんかいな、と思いつつ、
そよ風のようにティーショット。

ぱきーん とフェアウェー右へ。

いゃー、やったやんか。
けっこう飛んどるよ。
よっしゃ、しょっぱなから、
バーディーじゃ。

「イチ、ニィ、おりゃぁ どふっ」

 ………


まあ、この日のそよ風は、あの一発きりで、
あとは暴風のように振りまわしてしまいました。

Taichiさん、すみません。
もっと精進いたします。


スイングのリズムも、なかなか変わりませんね…。

Posted on 2006/06/02 Fri. 16:20 [edit]

category: 4パット日記

TB: --    CM: --

02