03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

連戦2 

キーボードの前に並べている、
戒めのためのスコアカードが、
一枚増えて、三枚になりました。

昨日のショートコースでのコンペのものです。

舞台は、千鳥ヶ浜ゴルフコース。
組み合わせは、私達夫婦と、
先日も、ご一緒させていただいた、板さん。
彦さんのコンペにも出られていた、村さんです。
村さんは、来月手術のため入院されるそうです。
それまで、思い切りゴルフをするそうです。
火曜日も、どこかのコンペの予定です。

「もっと、もっとゴルフがしたかったけど…」
「そねーなこと、言わんと」
「しゃぁない」
「退院したら、もっとゴルフ教えてもらわんといけんのやから」
「そうやな……」

村さんは、コンペの後も、9ホールつきあってくださり、
スイングのこと、風のこと、ルールのこと、
そしてボールを前にしたときの心構えを、
私達夫婦に、教えてくれました。

「なんも考えんで振れ」

村さんの教えのひとつです。
ボールを前にして、いろいろぐずぐす考えて、
スイングを崩しているようです。

あとで、板さんに聞くと、
村さんの手術は、かなり大きなもののようです。


退院して元気になった村さんと、
またご一緒できることを楽しみにしております。

村さん、板さん、きょう一日ありがとうございました。



三度目の9ホールが終わっても、
村さんのレッスンは、続きます。

「たけちゃんは、早う打とうとしすぎるんよ」
「はぁ」
「あわててヘッドをボールに当てようとして、手首の角度が、すぐほどける」
「そうですか」
「トップの手首の角度をたもって、手をおろす」
「ほぉ」
「おりたら、まわる」
「……」
ぷん

「そうやない」
「こうですか」

ぷん

「グリップエンドをボールにぶつける感じで」

ぶん

「まあ、すぐには出来んけどな」
「はい」
「わしらは、ちょっと休憩するけど、あんたらは仲良く、もう一周練習しといで」
「ありがとうございました」
「もうちょっと、ビシッと飛ばさんといけんな」
「はい」

板さんも、うなずきながら、
「そうそう、アイアンも飛ばさんにゃぁ」
「そうですか」
「ワシみたいに、ピッチングで130は、行かんといけん」
「………」


風がでてきました。
ヒバリが鳴いています。



ショートコースの4周目。
妻と二人でまわります。

「またコンペでる?」
「他の人と10も20も違うし…」
「ええやん二人で出たらブービーと敢闘賞、間違いなし」
「ブービー荒らしやね」
「賞品女王、狙おっと」
「……」
「コンペやったのに、村さんと板さん、迷惑かけたなぁ」
「私達のノーカンパットが、うつったみたい」
「村さん、ショートパットが全然入らんやったし」
「リズム壊したんかもしれんね」
「板さんに、ふぁぁって言わしたもんな」
「ショートコースでねぇ」

なんとか、9ホールを終えました。
ふだんはカートで楽をしてるので、
ちょっと足にきてます。

「練習して帰ろうか」
「そうやね」

妻は、練習グリーンの側から、
チップインの練習。アプローチの練習ではありません
私は、練習用のバンカーへ。


夕方になっても、日が高くなりました。
ヒバリの声は、まだ元気なようです。



海に近いショートコースです。
ラウンドを終え、反省しながら練習します。

すこし風が冷たくなってきたようです。

バンカーの練習を終え、クラブを洗います。
妻は、まだチップインの練習を続けています。

遠くに、村さんと板さんが、
楽しそうにプレーしているのが見えます。

洗い場に通りかかった,コースの所長さんにご挨拶。

「今日は、ありがとうございました」
「残念やったね」
「いゃぁ、レベルが違いすぎて…」
「また出てくださいね」
「はい、今日は村さんと板さんと一緒で良かったです」
「そう、朝電話があってね……」
所長さんのお話では、

朝、村さんから電話があり、話のなかで、
私達夫婦がエントリーしたことをを聞かれ、
一緒にまわりたいと、急遽参加を決められたそうです。
孫のお守りの日だった、板さんを引っ張り出して、
スタートぎりぎりに飛び込んでこられたのでした。

「そうやったんですか」
「勉強になったやろ」
「はい…」

振り返ると、夕暮れの5番のグリーンに
村さんが小さく見えます。

「そうやったんですか……」


いつしかヒバリの声も消え、
日暮れの海風は、重く感じます。

Posted on 2006/04/28 Fri. 14:18 [edit]

category: 4パット日記

TB: --    CM: --

28

連戦 

中二日の連戦も終わり、
少しほっとしております。

課題は山積しております。
冷静に振り返り、分析し、
次への糧とせねばなりません。

スコアカードをパソコンの前に並べ、
思い出すままに、ふりかえります。

二戦目の舞台は、厚狭ゴルフ倶楽部。
強風の中でのゴルフです。

1番519ヤード、パー5
ドライバーが、まったく当たりません。
大ダフリのチョロです。
力みかえっているらしいことは、
なんとか自覚できています。

2番ホールで、すかさず4Wに持ち替えます。
冷静な判断です。

……ですが、

どトップで、そのへんにころがりました。

見かねた、同伴の板さん

「そねぇ難しいクラブ使わんと、簡単なの使わんと」
「はぁ、アイアンですかね」
「ちゃう、当たるとこが、こまいけ当たらんのよ」
「あたるとこ…」
「そう、いちばんでっかいドライバーが簡単じゃぁ」
「………」

10歳も年上の板さんは、強いドローボールで、
250ヤード飛ばしてきます。



二戦目の組み合わせは、私達夫婦と、
飛ばし屋の板さん、そして占さんです。

占さんは、私より15歳年上の方ですが、
板さん以上に飛ばします。

ベテラン二人が、飛ばしあいです。

どかーん 板さん

どきゅーん 占さん

そして…

ぺちょっ

かしーん 妻もレディスから快調に飛ばしてます


「にいさん、体がでかいんやけぇ、そねぇ振らんでも」

見かねた占さんも、声をかけてくれます。

「と、飛びますねぇ」
「いんにゃ、ちょっとセーブしちょった」

「そうそう、ここは池までいくけぇの」
ご機嫌な板さんも加わります。

「ところで、そのシャフトはRかね」
「はぁ」
「そりゃいけん、年寄りみたいなシャフトじゃあ」
「い、いゃ、トルクが少ないんで…」
「なにぃ、トルコぉ」
「あの、トルクが3.0で…」
「ともかく、最低でもSじゃの」
「はぁ、板さんもSですか」
「手元調子のな」
「し、占さんもですか」
「あたりまえじゃ」
「……」

「年寄りのゴルフの楽しみは、飛ばしじゃ」
「そうそう、歳いったら、飛ばし」
「……」

「あっはっはっはぁ」
「ハッハッハッハァ」

「へへへへっ……… ふぅ」

Posted on 2006/04/21 Fri. 14:15 [edit]

category: 4パット日記

TB: --    CM: --

21

躊躇なく 

高校時代の同期生とラウンドしてきました。

晴天ですが強風です。
アドレスが揺れてしまうくらいです。
昨日までの雨を思えば、文句は言えません。

昔の仲間達とのゴルフは楽しいものです。

30年経っても、まるで上達しないゴルフを
笑いあい、からかいながらのラウンドです。
足腰が弱ってきてはいますが、
お互い、少しもフォームが変わってません。

スコアは、ままなりませんでしたが、
大切なことを、思い出せました。

躊躇なく振り切る

昔は、借り物のクラブで、楽しんでました。
クラブのスペックも関係なし、
パターも毎回変わります。
レッスン本も理論もなし、

なんの憂いもなく、振り切ってました。


今日は、昔のようには振り切れませんでしたが、
体や頭に溜まった、スイングを躊躇させる、
もろもろのなにかが、抜けていったみたいです。

あの頃のように、楽しい気分で、ラウンドできました。

コンペの結果は、ダブルペリアの集計で、
ブービー賞に終わりましたが、いい一日でした。



楽しいゴルフといって、笑ってばかりではいけません。

躊躇なく振って、OB7発は、いけません。
同じように、大笑いしながらも、
40を切ってくるヤツもいるのですから。

反省して、次回のラウンドに生かさねばなりません。
これまで、バンカーが苦手でした。
2度3度、砂を掘り返したり、
脱出しても、バンカーの土手にやっと乗る、
そんなくり返しでした。

バンカーで、躊躇なく振れると、

ぱしゅーん

と、気分良く一発で出ます。

出るのですが……。

すごく飛びます…

ものすごく飛ぶんです……

サンドを開いて打ったら、
そんなに飛びません。
しっかり振りましょう。
なんて、レッスンもあったのに…。

次のホールのティーグランドや、
隣のホールのグリーンまで飛んでいきました。
ガードバンカーから、OB2発です。

もう少し、躊躇したほうがよいのかもしれませんね。

Posted on 2006/04/17 Mon. 14:12 [edit]

category: 4パット日記

TB: --    CM: --

17

同級生 

昨日の雨は、夜になってもあがりませんでしたが、
コンペめざして、練習へ。

今日のテーマは、
「リラックスして50%で振る」

打つ、叩くと言わず、振ると言ったところに、
上達の兆しが、見え隠れしているようです。

ウエッジから、そろそろと……

がきーん どぎーん

後の打席で、ネット直撃を連発しているヤツ、
うるさいねと、振り向くと、見たことある人でした。

「おお、Mかぁ」
「たけちゃん、ひさしぶり」
「こんどのコンペ出るんかね」
「うん」

 むむっ、ライバル登場か

「どのくらいゴルフしてんの」
「まだ初心者、1年たったくらい」

 ほっ、ちょっと安心

「たけちゃんは、バレー部の練習さぼって、
 クラブ振りよったけぇ、うまいやろ」
「ま、まぁ…」
「これ打ってみて、新しいドライバー買ったんよ」
「おぅ、貸してん」

 ふふっ、ここで一発かましとこうかね

「おお、なかなかええクラブじゃ」

ぺすっ うぇっ、チョロじゃぁ

「ははっ、シャフトが柔らかいけぇ、あたらんね」
「Sなんやけど」
「………… ま、まぁコンペがんばって」


そそくさと自分の打席へ退散です。

アプローチの練習をしていた妻が一言。

「本番に弱いねぇ」
「…………」

Posted on 2006/04/12 Wed. 14:11 [edit]

category: 4パット日記

TB: --    CM: --

12

素振り 

昨晩からの雨と風が続いています。
これで、今年の桜ともお別れでしょうか。

コンペも近いので、仕事の合間に、
アイアンを持って振ってみます。

藍ちゃんのお父さんのレッスンに、
「ダウンの時シャフトは右肩より前に出ない」
というのがありました。

ちょっとやってみます。

ぷん
 事務所の中では、思い切り振ってはいけません

「こんなに後から、シャフトがくるの」
「どーなんかねぇ」
「当たる気がせんけど」
「いつも当たってないやん」
「……」
「まあ、コースじゃ別人が振るんやし」


ひとりでぶつぶつ言いながら、素振りしております。

Posted on 2006/04/10 Mon. 14:09 [edit]

category: 4パット日記

TB: --    CM: --

10

べつじん 

自分のイメージするスイングと、
ビデオで撮ったスイングは一致している。
だから、調整も修正もできる。

中部銀次郎さんの本の中に、
このようなことが書いてありました。

私なんか、別人のようです。

自分のイメージする、スイングと、
練習場での私のスイング映像は、別人です。

こんなはずはないと思っても、
こんなはずなのです。

しかたがないので、昨日は天気も良いので、
妻とショートコースへ行ってきました。

コースでは、あの別人とも違います。
あなたは誰という感じで振ってますね。
まるで他人のようです。

本人と別人と他人が三者三様のゴルフをしていては、
スコアになりません。

三人で、花見でもしますか。

Posted on 2006/04/08 Sat. 14:07 [edit]

category: 4パット日記

TB: --    CM: --

08

記憶に残る… 

昨夜は、家に籠もってテレビ観戦です。

はじめに、ミケルソンの圧勝を
お気に入りのコーヒーを片手に楽しみます。

俺もドライバー2本でいくか…。

でも、1本で球筋打ち分けられるもんね…。

意図しなくてもね……。

一人で、ぶつぶつ言ってます。

つづいて、お待ちかねのオチョア登場。

以前から、ずっと応援してきたので、
なんとか勝って欲しかった。
散り様を見届けなければなりません。

お気に入りの地酒を片手に見入ります。

首位を明け渡したオチョア。
身内のつもりで応援を続けていた私は、
ここで精神的に萎えてしまいます。
まだまだ鍛えが足りません。

しかし、終盤のバーディ、イーグルで
プレーオフへ。

がんばれ、オチョア。
テレビの前で、正座状態です。

ウェブの18番のイーグルショット。
プレーオフ第3打の寄せ、
素晴らしかったですね。

すごい試合でした。

それに、記憶に残る、
不動さんのウェアでした。

Posted on 2006/04/04 Tue. 14:05 [edit]

category: 4パット日記

TB: --    CM: --

04

力をぬいて リベンジ 

昨晩は、プールを取りやめ、再び練習場へ。

夫婦ともども前日のフォームに納得できません。
妻は、遅くまでパソコンの前で、
スイングチェックをしていたようですし、
私も、枕元にレッスン本を積み上げ、
秘策を練ります。

夕食後、いざ出陣



いきなり申し訳ありません。
別に身を投げようというわけではありません。

ここに立って、海を眺めると、
ちっぽけなものに、こだわっている心を
解き放ってくれます。
ここの海は、あるがままを、
おおらかに受け入れてくれます。


杉原輝雄は踊り続けております……

Posted on 2006/04/01 Sat. 14:02 [edit]

category: 4パット日記

TB: --    CM: --

01